ブログ

【長谷寺大観音大画軸がデジタル化されました】

【長谷寺大観音大画軸がデジタル化されました】
長谷寺大観音大画軸がデジタルコンテツ化されました。

長谷寺大観音大画軸は、明応四年(1495年)に罹災した本尊十一面観世音菩薩を復興再建するため設計図として作られたと伝えられ、長谷寺本尊十一面観世音菩薩とほぼ原寸大に描かれたものです。

高さ1646.6cm、横幅622.6cm、その重量125.5kgにもなり日本最大の「掛軸」になります。

江戸〜明治にかけて様々な社寺が
江戸や大阪などの大都市で頻繁に開催した「出開帳」。
今後、現代ならではのデジタルという形で出開帳が実施されます。

デジタル化された十一面観音様もまた偉大なお姿でした。
益々、1人でも多くの方に長谷寺十一面観音様とのご縁を結んでいただきたいと思います❀.。.:*

《朝日新聞様より》⇨ https://www.asahi.com/articles/ASM3F3289M3FPOMB004.html

#奈良 #奈良長谷寺 #長谷寺 #総本山長谷寺 #西国三十三所 #十一面観音 #大観音大画軸大開帳 #奈良が好き #長谷寺が好き #初瀬 #花の御寺
#nara #narahasedera #hasederatemple #hasedera
#yamatobito
#やまとびと #やまとびとのこころ店 #やまとびとツアーズ #やまとびとカフェ #長谷寺門前町

関連記事

ページ上部へ戻る