,

《終了しました》11/12(日)秘境『天川村』で村人に守られし美仏に出会う《催行確定》


奈良の奥座敷。知られざる、かくれ仏を訪ねる。
錦秋の秘境『天川村』で村人に守られし美仏に出会う

今回の美仏シリーズの舞台は、秋の天川村。まさに秘境と呼ぶにふさわしい天川村で、紅葉を愛でながら、地元の方が大切に守り伝えてきた仏様を訪ねます。

・栃尾観音堂には関西では珍しい、江戸時代の遊行僧 円空が刻んだ仏様がお祀りされています。堂守の瀬上さんのお宅は、なんと円空の定宿!堂内4体の円空仏の内の1体はご自宅に伝わったとか。今回は堂内のガラス扉を特別に開けていただき、間近で円空仏をご覧いただきます。御祈祷されたお念珠付き。

・光流寺には空海が白井谷の仏棚という岩穴で3体の仏像を刻まれた内の1体、阿弥陀如来坐像が伝わっています。阿弥陀如来がお寺に来てからは和讃の声が絶えなかったと言われています。

・永豊寺には不思議な伝承と共に、同じ檜の大木から彫り出された釈迦如来坐像、広目天像、多聞天像の3体が守り伝えられています。地元では広目天は「雨」の仏様。多聞天は「風」の仏様として信仰されていたそうです。

・母公堂は役行者の母 白専女をお祀りしたお堂。役行者の母を思う優しい心の現れである「女人禁制」の始まりの場所。大峯山で修行する山伏を見守ってきた堂守さんに、役行者や大峯山のお話などを伺います。

栃尾観音堂 聖観音立像

栃尾観音堂 堂守のみなさん

光流寺 阿弥陀如来坐像

永豊寺

母公堂

天川村の紅葉

コース番号 B-1112
ツアー名 錦秋の秘境『天川村』で村人に守られし美仏に出会う
ご旅行日 2017年11月12日(日)
ご旅行代金 お一人様 11,000円
(行程内交通費、拝観料、昼食代、保険料、消費税込)
募集人数 定員20名/最少催行人数12名
スケジュール 8:30大和八木駅 出発 === 栃尾観音堂 === 光流寺 === 永豊寺 — 12:35大和屋(昼食)===天河大辨財天社(自由参拝)===母公堂===洞川 自由散策===17:30 大和八木駅 解散予定
バス:月山交通
やまとびと大学 550単位取得
《ご案内・注意事項》 ※必ずお読みください。
ツアーにお申し込みいただく前に必ず「旅行業約款(募集型企画旅行契約)」「旅行業約款(別紙特別補償規定)」「旅行条件書」をお読みください。取引条件書説明書面は、画面上の表示(PDF)をもって交付させていただきます。
当社の営業時間外にメール、ファクシミリ等でいただいたお申し出は、翌営業日にお申し出いただいたものとして取り扱います。

【ご注意】
・当日の交通事情や天候などにより、行程を変更する場合がございますのでご了承ください。
・添乗員は同行いたしませんが、スタッフがご同行いたします。
・集合場所までの交通費は、旅行代金に含まれておりません。
・雨天時の備えや熱中症・防寒対策等は各自ご準備ください。
・最少催行人数に満たない場合や現地の天候によっては、やむなくツアーを中止する場合がございます。
・ツアー日のおよそ10日前に催行の可否を決定いたします。
・掲載写真はすべてイメージです。

こころ店通信

Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.
ページ上部へ戻る