,

《終了しました》4/8(日)薬草のふる里 宇陀 宇陀松山 薬草さんぽとバスハーブ作りワークショップ

このツアーは終了いたしました。


歴史に裏打ちされた、こころとからだのクスリ
薬草のふる里 宇陀
宇陀松山 薬草さんぽとバスハーブ作りワークショップ

飛鳥時代の推古天皇「薬狩り」以来の歴史ある薬草のふる里、宇陀。宇陀地域からは「ロート製薬」「ツムラ」「アステラス製薬」等、何人もの製薬会社の創設者を輩出しています。

森野旧薬園は、江戸時代の面影をそのまま残す日本最古の私設薬園。今回は特別に普段から山のお世話をされている方にお話を伺いながら散策します。運が良ければ紫色の可憐なカタクリの花もご覧いただけます。江戸時代の薬問屋の住宅を今に伝える薬の館。大宇陀に残る薬関係の資料をはじめ、細川家の関係資料も展示しています。
ツアーの最後には、久保本家酒造 酒蔵カフェにてご自身で薬草を調合するバスハーブ(薬草入り入浴剤)作りにも挑戦していただきます。

森野旧薬園 カタクリ

薬の館

宇陀松山の町並み

久保本家酒造 酒蔵カフェ

バスハーブ作り体験

バスハーブ完成イメージ


講師 松本 梓

奈良から発信する、お風呂のハーブのブランド「jiwajiwa(じわじわ)」代表。大和当帰葉の入浴剤を使ったのをきっかけに、薬草のお風呂の力を実感。奈良は、薬草とお風呂の歴史のはじまりの地と知り、その魅力を伝えたい想いで「大和の素材のバスハーブ」を主とした商品を広め、ワークショップで伝える活動を行なっている。

コース番号 W-0408
ツアー名 薬草のふる里 宇陀 宇陀松山 薬草さんぽとバスハーブ作りワークショップ
ご旅行日 2018年4月8日(日)
ご旅行代金 お一人様 4,980円

(講師料、入館料、体験料、軽食費、保険料、消費税込)

募集人数 定員20名/最少催行人数12名
スケジュール 13:00 道の駅宇陀路大宇陀 出発 — 森野旧薬園(ガイド付き散策、カタクリの鑑賞)— 薬の館(ガイド付き鑑賞)— 宇陀松山 町並み散策 — 久保本家酒造 酒蔵カフェ(軽食付きバスハーブ作りワークショップ)、16:00頃 解散予定

歩行距離:約2.5km、約30分

やまとびと大学 250単位取得
《ご案内・注意事項》 ※必ずお読みください。
ツアーにお申し込みいただく前に必ず「旅行業約款(募集型企画旅行契約)」「旅行業約款(別紙特別補償規定)」「旅行条件書」をお読みください。取引条件書説明書面は、画面上の表示(PDF)をもって交付させていただきます。
当社の営業時間外にメール、ファクシミリ等でいただいたお申し出は、翌営業日にお申し出いただいたものとして取り扱います。

【ご注意】
・当日の交通事情や天候などにより、行程を変更する場合がございますのでご了承ください。
・行程は交通状況や天候などにより変更となる場合がございます。
・添乗員が同行いたします。
・集合場所まで、または解散場所からの交通費・駐車場代等は旅行代金に含まれておりません。
・動きやすい服装、歩きなれた靴にてご参加ください。
・雨天時の備えや熱中症・防寒対策等は各自ご準備ください。
・最少催行人数に満たない場合や現地の天候によっては、やむなくツアーを中止する場合がございます。
・宿泊を伴うツアーはツアー日のおよそ14日前、日帰りツアーはツアー日のおよそ10日前に催行可否の決定をいたします。
・掲載写真はすべてイメージです。
・行程記号 === バス —徒歩

ページ上部へ戻る